Suica Pay(スイカペイ)はいつくる?JR東日本が掲げるキャッシュレス社会

Suica pay スイカペイ キャッシュレス全般

現在、国が積極的に進めているキャッシュレス社会。

キャッシュレスといっても色々あって、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済といったサービスがありますよね。

その中でも政府が普及をさせようとしているのが、スマホでQRコード/バーコードを読み取りサービスを行う『QRコード決済』です。

電子マネーではJR東日本が発行しているSuicaが業界No1といっても良いくらいに普及率・利用率が良いですよね。

しかし、QRコード事業に関しては、現在のところ何も発表がありません。確かに〇〇Payといった決済サービスが乱立しており、規格の統一など将来的にどうなるかも分からない状態です。

そこで今回は、未来のSuicaがどのような形を変えていくのか、JR東日本グループ経営ビジョン「変革2027」を見て解説&予想していこうと思います。

Suica Pay(スイカペイ)のビジョンは見えている?

JR東日本は、快適な都市化を目標にSuicaを中心としたサービスをすでに予定しています。

IT技術を使った金融サービス

Suicaバリューを使った、安心安全な先進的な決済サービスを4つ挙げています。

  • 新しい決済手段
  • 各種の金融サービス
  • 個人間送金
  • 様々なモバイルアプリ

LINE Payなどにある個人間送金がありますよね。新しい決済手段はQRコード決済を指しているのでしょうか。

現在すでにあるサービスを実現していくようで、Suica Payで実現される可能性は高い思いますがどうでしょう。

認証サービス

Suicaを使ったサービスを利用する『共通の鍵』としての活用。

  • デジタルチケットの認証
  • ホテルなどのルームキー

デジタルチケットは現在アーティストのライブなどでも使われていますよね。デジタルチケットの中にはQRコードチケットもあるので、連携を考えているのではないでしょうか。

移動手段の快適化

電車、タクシー、バス、レンタカー、自転車といった様々な移動手動と連携し、検索から手配、決済までをSuicaで一括で利用可能になるといったサービスを予定しています。

検索から手配といったサービスはスマートフォンを使いますよね。

地方でも活用するSuica

Suicaは都市部だけでもなく、快適に省エネに住むことができると言われているコンパクトシティ化で、地域の様々なサービスとSuicaとの結びつきを高めた街づくりを目指しています。

Suicaを使った地方サービス

  • 商店街
  • 学校
  • 病院
  • 市役所

これらのサービスをSuicaによる共通基盤化を進め、24時間いつでも、どこでもJR東日本グループのネットワークにつながることで、便利で快適なサービスの実現を考えています。

Suica Pay(スイカペイ)はいつくる?

2018年に政府はキャッシュレス化を進めるために、補助金や減税といった支援をすると発表がありました。

主要のコンビニがQR決済を導入する予定です。規格はバラバラですが。

2019年はとにかくキャッシュレス元年と言われるほど、多くの企業が動くと言われています。JR東日本のSuicaも上半期には何かしらの発表はあるのではないでしょうか。

一番注目されているキャッシュレス決済の企業であり、今後が気になります。

タイトルとURLをコピーしました