スマホ決済とは?種類と仕組みを分かりやすく解説します

スマホ決済 種類 仕組み キャッシュレス全般

スマホ決済(モバイル決済)とは、名前の通りスマートフォンやタブレット端末を使ってお支払いする決済方法です。財布を取り出さずに使える利便性から近年急速に普及しています。

スマホ決済には2種類ある

電子マネー(非接触IC決済)

スマホ決済 電子マネー

非接触IC決済とは、スマートフォンに内蔵されたICを使って、専用の機器にかざすだけでお支払いができる決済サービスで、電子マネーと呼ばれています。

クレジットカードのように、カードを取り出す動作や、暗証番号の入力、サイン等の手間もかからないので、利便性は抜群です。

主な電子マネーの決済サービス

  • 楽天Edy
  • iD(アイディー)
  • モバイルSuica
  • Apple Pay(アップルペイ)

対応しているスマホ・端末

  • iPhone
  • おサイフケータイ搭載スマホ

スマホアプリ決済(バーコード決済・QRコード決済)

コード決済とは、スマートフォンのアプリを使って決済するサービスです。コード決済のなかにもバーコード決済QRコード決済があり、お店によってお支払い方法が異なります。

また、非接触IC決済の電子マネーとは違って、お使いのスマートフォンに専用のアプリを入れるだけで使えるので対応機種など選ばずスマートフォンを持っていれば誰でも簡単に使うことが出来ます。

バーコード決済

スマホ決済 バーコード決済

スマートフォンのアプリを開いたらバーコードが表示されるので、お店の人に専用の機器で読み取ってもらうだけでお支払いができます。

主に、コンビニやスーパーなどで採用されており、お手軽に利用できます。

QRコード決済

スマホ決済 QRコード決済

お店側に配置してあるQRコードを専用アプリで読み取って金額を入力することでお支払いが出来ます。

バーコード決済より金額を入力する分手間はかかりますが、お店側はQRコードを設置するだけで簡単に導入ができるので、普及はQRコード決済が広まりやすいと言われています。

コード決済を利用できる主なサービス

  • 楽天ペイ
  • PayPay
  • LINE Pay

スマホ決済(モバイル決済)のメリット

スマホ決済の導入が増え続けている背景には、下記のようなメリットがあります。

手軽に始められる

スマホ決済はスマートフォンを持っていれば誰でも簡単に始めることが出来ます。

特別な手続きは必要なく、お手軽に初められるのはキャッシュレスを広める点ではとても大切です。

財布を持ち歩かなくて良い。

まだまだ使える店舗こそ少ないですが、近くのコンビニ程度ならスマホ一つでお支払いできるので、わざわざ財布を持ち歩く必要はありません。

ポイントが多くもらえる

現在はどこの会社もスマホ決済の普及率を争っており、一般的にクレジットカードよりスマホ決済は多くポイントが貰えることが多いです。

ポイントを貯めたい人にとっては嬉しい商戦ですよね。

スマホ決済(モバイル決済)のデメリット

便利なスマホ決済ですが、デメリットも存在します。

まだまだ普及が少ない

現在は急速に広まりつつありますが、クレジットカードと比べるとまだまだ使える店舗が少ないです。

普及している順番で言うと、

クレカ>電子マネー>コード決済

コンビニや大手チェーン店などは、電子マネーが普及しています。コード決済はまだまだ少ない状態ですが政府が推進しており、これから増えていくと予想されています。

タイトルとURLをコピーしました