PayPay(ペイペイ)は危険?メリット・デメリット・システムを徹底的に調べてみました

メリット デメリット PayPay ペイペイ QRコード決済(Pay)

この記事ではPayPayの特徴をふまえた上でメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

PayPay(ペイペイ)とは──

PayPayはQRコード決済サービス

PayPayとは、スマートフォンで買い物などの支払いができるスマホ決済サービスです。

スマホの決済サービスといっても色々とありますよね。

PayPayはスマホを使い、バーコード・QRコードを表示させて、お店側に読み取ってもらったり、自信でお店のコードを読み取ったりして決済ができる『QRコード決済』というサービスに分類されます。

『QRコード決済』は、政府が現在一番すすめているキャッシュレス決済です。

PayPayへの支払い方法について

PayPayへのお支払いは3つの方法があります。

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

PayPay残高は購入金額以上の残高がある場合のみ、PayPay残高を使うことが出来ます。残高が足りてない場合はYahoo!マネー、クレジットカードの順で優先的に支払われます。

また、Yahoo!マネーが未登録だったり、有効なクレジットカードが登録されていない場合はお支払いができません。

クレジットカードについて

PaaPayに登録できるクレジットカードは、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCBはYahoo!JAPANカードのみ

基本的には、VISAかMasterCardしか登録できませんが、Yahoo!JAPANカードであればJCBを登録することができます。

できるだけ還元率の高いクレジットカードを登録して、お得に使いましょう。

PayPay(ペイペイ)のメリット

手数料は全て無料!

PayPayは初期導入費、決済手数料、入金手数料は全て0円です。

手数料を気にする必要がないので気楽に使えますよね。

PayPayで支払うと0.5%円分が貰える

PayPayで買い物など支払うと0.5%分のPayPay残高が還元されます。

この0.5%還元というのは、少ないようで実はかなりお得でなんですよ。

クレジットカードで還元されるポイントとは別に貰えるので、ポイントの2重取りが可能となります。

つまり、仮にクレジットカードの還元率が1%ならPayPayの還元率0.5%と合わせて、1.5%相当のポイントを貰うことができるんですよね。

新規登録で500円相当が貰える

PayPayを新規登録するだけで、500円相当のPayPay残高が貰えます。

簡単な登録だけで500円分をもらえるのは、嬉しいですよね。

まだスマホ決済を利用したことない人でも、コンビニ等で無料でお試しできるので、利用だけするのも良いかもしれません。

PayPay(ペイペイ)のお得な始め方と使い方、コンビニ等の使えるお店・加盟店まとめ
「PayPayを使いたいんだけど、なにから始めたら良いか分からない」 「ペイペイを使える...

PayPay(ペイペイ)のデメリット

PayPayボーナスの有効期限は2年

PayPay残高には2種類あり、入金された分が「PayPayライト」で、ボーナスとして還元されて貰ったポイントが「PayPayボーナス」となります。

少し複雑ですよね。

普通に使ってる分にはこの違いは問題ないのですが、注意してほしいのがPayPayボーナスのほうには有効期限があります。

『PayPay残高が変更してから2年間』

つまり、PayPay残高が増えるか減るかした日から、2年の間は有効となります。

2年間PayPayが使えない環境にいないかぎりは大丈夫と思いますけどね。

使えるお店・加盟店がまだまだ少ない

Pay系のQRコード決済サービス全般に言えることですが、サービスが始まったばかりなこともあり、利用できる店舗がまだまだ少ないです。

こればかりは対応を待つか、普段使っているコンビニやお店に対応している決済サービスを使うしかないですね。

PayPayに対応しているお店を紹介していますので、よろしければご確認下さい。

関連:PayPay(ペイペイ)コンビニ等の使えるお店・加盟店まとめ

PayPayは危険?安全性について

スマホでお金を扱うサービスを扱う以上、危険性や安全なシステムかどうかは気になりますよね。

ここではPayPayのシステムなどについて詳しく紹介していきます。

認証システム

スマホを落としてしまったりしたら、勝手に使われるんじゃないの?と不安に思う方もいると思います。

安心してください!

PayPayには生体認証が付いており、指紋認証、顔認証をアプリで設定ができます。

設定しておけば、本人以外は使うことができないので、安全性を高めたいのであれば、生体認証を設定しておきましょう。

不正利用について

18年の12月にPayPayの不正利用で問題になりました。

この問題はPayPayへの登録をしていない人でも、被害が出ておりPayPay経由でクレジットカード情報が流出したという可能性はほぼゼロです。

ではなぜPayPayが問題になったのかと言うと、ペイペイの登録システムが悪かったわけです。

PayPayにクレジットカードを登録する際に、有効期限とセキュリティーコードを何度数字を間違えてもロックが掛からないシステムになっていたのです。

スマホで言うと、知らない人のロックを何度も解除に失敗しても自動ロックがかからず、当てずっぽで何度も挑戦できるというシステムでした。

この問題は、すぐに対処されて、被害者は保証もされています。ここはさすが大企業といったところです。

しかし一定の信用を失ったのは事実で、スマホ決済を不安になる人も増えたと思います。

現在はセキュリティを格段に強化して安全に使えていますが、キャッシュレス推進してる人や政府にはいい迷惑ですよね。

 

以上、PayPay(ペイペイ)は危険?メリット・デメリットを徹底的に調べてみた…についての記事でした。

タイトルとURLをコピーしました