2019年のおすすめ電子マネーはこれ!キャッシュレス事情に詳しい専門家が、おすすめする電子マネーを紹介します。

おすすめ キャッシュレス決済 電子マネー 電子マネー

『各種Pay・電子マネーなどのキャッシュレス決済を始めたいんだけど、種類が多すぎて何を使ったら良いかわからない!』と、お困りの方は多いと思います。

最近はかなり身近になってきているキャッシュレス決済。色々とお得になると聞いている人は多いですが、詳しいサービスや使い方を理解している人はまだまだ少ない状態です。

キャッシュレスと言っても、前払いのプリペイド型、後払いのポストペイ型、交通系電子マネーと、200種類以上の決済サービスが国内には存在しています。ここまで種類が多いと把握するのも大変ですよね。

そこで今回は、キャッシュレス決済サービス・電子マネー事情に詳しい私が、お得になる組み合わせと、使いやすいキャッシュレス決済のみを絞って、それぞれの人に合ったおすすめを紹介していきたいと思います。

2019年のおすすめキャッシュレス決済サービス

2019年最新の使いやすくお得に活用できるキャッシュレス決済サービスを、分かりやすく紹介していきます。

楽天Edy(ラクテンエディ)

現在最もおすすめしたいキャッシュレス決済サービスは電子マネーの楽天Edyです。

楽天はクレジットカードの楽天カードが非常に有名ですが、そこで培ったノウハウを生かし、現在では楽天Edyの発行枚数が電子マネー業界No1となりました。一番多く使われている決済サービスということですね。

どんな人にでも合う

クレジットカードから、カードやスマホをかざして決済するだけの楽天Edy、スマホを見せて決済する楽天Payなど、楽天を中心としたキャッシュレスを始めるだけで、自分にあったサービスを簡単に利用することができます。

お金の管理もまとめてできるので本当に便利です。

とにかくポイントが貯まる

楽天Edyで支払うと200円の利用につき1ポイント貯まります。さらに楽天カードからプリペイドにチャージをすることで、200円ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まる仕組みとなっています。

つまりチャージと利用ポイントを合算すると、100円で1ポイント貯まる計算になり、還元率1%と

楽天Edyを使うには、楽天カードは必須と言えるくらい便利でお得になるので、一緒に使っていくことをおすすめします。

楽天Edyにおすすめのクレジットカード

やはり楽天カードでしょう。チャージによる0.5%と利用額の0.5%で常に高還元率の1%で買い物できるのはかなり魅力的です。

楽天Edyはクレジットカードと一体型になっているので1枚で済みます。

» 年会費無料!楽天カードを作る

iD(アイディー)

iD(アイディー)はNTTドコモが発行する後払い式のポストペイ型電子マネーです。iD機能の付いたクレジットカードや、ドコモから販売されているiD対応のスマホ(Android・iPhone)でも使うことが出来ます。

利用可能な店舗が多い

iD最大の特徴と言えるのが、普及率の高さです。コンビニやイオン系列のお店をほとんど網羅しており、国内どこに行っても使えるというメリットがあります。

後払い式の電子マネー

電子マネーの中では珍しい後払い式のポストペイ型電子マネーです。プリペイド式と比べて残高を気にせず使うことができます。実質カード払いに見えますが。クレジットカードみたいに暗証番号やサインをする必要がありません。また、iD機能付きのクレジットカードでも素早いタッチ決済に対応しています。

貯まりやすいポイント

iD自体にはポイントプログラムはありません。そのかわりにiDと紐付けられたクレジットカードのポイントが貯まります。クレジットカードのポイントが一つにまとめられるので管理も簡単です。

iDのおすすめクレジットカード

iDに紐づけするクレジットカードはオリコカード・ザ・ポイントがおすすめです。還元率が1%と高く、100円単位で1ポイントと無駄なく貯まりやすいです。

iD機能もカードに搭載されているので、iD対応スマホがなくても使うことが出来ます。

» オリコカード・ザ・ポイント

Suica(スイカ)

Suica(スイカ)はJR東日本が発行している交通系のキャッシュ決済です。Suicaは他のキャッシュ決済と比べて交通機関との相性が良く、乗車券や定期券などの利用でもポイントを貯めることが出来ます。

高い普及率

交通系の決済サービスですが、セブンイレブンやローソンなどの主要のコンビニから、イオンやララポートなどショッピングセンターなどで幅広く使うことができます。また、ICOCAやPASMOなどの他の交通機関でも利用可能なので、Suicaの普及率は電子マネーの中でも最高クラスと言えるでしょう。

高い還元率

提携しているクレジットカードを使えば、Suicaへのチャージや定期券の購入で1.5%のポイント還元がされます。Suicaが使えるところであれば、常に1.5%の高還元率はかなり魅力的ですよね。

貯まったポイントは駅ビルでのお買い物やSuicaに直接チャージして利用することができるので、ポイント使用には困りません。

オートチャージ機能付き

プリペイド式のチャージが面倒くさいという方にも、便利なオートチャージ機能がついており、設定した金額以下で自動改札機やSuicaを利用できるショップなどにタッチをすると自動でSuicaへのチャージがされるので活用しましょう。もちろんオートチャージ分のポイントも貯まります。

おすすめのSuica提携クレジットカード

提携カードで一番のおすすめはビックカメラSuicaカードです。Suicaにチャージしてビックカメラで使用すると、JREポイント1.5%とビックポイントの10%を合わせて11.5%を得られます。

年に一回でも使えば年会費も無料になるため、実質無料で使うことが出来ます。

文句なしのおすすめできるカードです。

» ビックカメラSuicaカード

WAON(ワオン)

WAON(ワオン)は、イオングループが発行しているプリペイド式電子マネーです。イオンモールをはじめ、ジャスコ、マックスバリュといったイオン系列のお店で利用できます。

優秀な還元率

WAONを使って買い物をすることで0.5%分のポイント貯まります。これだけではあまりメリットはありませんが、クレジットカードからチャージすると0.5%のポイントを貰うことが出来るので、買い物するまでに1.0%の高還元率で利用することができます。

WAONのおすすめ提携クレジットカード

WAONを利用するのであれば「イオンカードセレクト」がおすすめです。オートチャージ機能でポイントが貯まるのもイオンカードセレクトのみとなるので、ぜひ有効活用していきましょう。

» イオンカードセレクト

nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)は、セブン&アイ・ホールディングス系グループが発行しているプリペイド型の電子マネーです。

セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズなどのセブングループのお店で使うことが出来ます。近くにセブングループ系のお店があれば十分に活用していくメリットはあるでしょう。

nanacoにおすすめのクレジットカード

nanacoにチャージしてポイントが貯まるクレジットカードはどんどん少なくなっています。今後も安定してポイントが貰えるのはnanaco発行元のセブンカード・プラスかと思われます。オートチャージ機能もセブンカード・プラスのみ対応です。

このカードはnanacoとクレジットカードが一体型になっているため管理がシンプルにできておすすめです。

» セブンカード・プラス

キャッシュレス決済に関するQ&A

結局、一番お得なキャッシュレス決済はどれなの?

「まだ何を選べばいいか分からない、とりあえずおすすめを教えてほしい」という方は多いのですが、それぞれの環境によっておすすめは大きく変わってきます。

使える店舗が近くにあるかどうか、還元率を重視したい、ポイントは使いやすいほうが良いかなど、人によって何がおすすめできるかは違いがあるのです。

特徴で絞って自分に合ったキャッシュレス決済を見つけましょう。

当サイト「キャッシュレスの始め方」では、使える店舗が多い、ポイントの還元率が高いなど、様々な角度からおすすめできるキャッシュレス決済を厳選して紹介しています。

是非、他の記事にも目を通して頂き、みなさんにとって一番合ったキャッシュレス決済を見つけてもらえればと思います。

一番使える場所が多いキャッシュレス決済は?

おすすめのキャッシュレス決済の中で、一番利便性が高く、使える場所が多いのはどれ?と疑問をお持ちの方は多いと思います。

以下3つのキャッシュレス決済が普及率が高く、使いやすくておすすめです。

  • プリペイド型の楽天Edy
  • ポストペイ型のiD
  • 交通系ICカードのSuica

キャッシュレス決済の有効利用

キャッシュレス決済で家計簿を楽に

各キャッシュレス決済のサービスは、利用履歴や残高、チャージ履歴などを専用のサイトやチャージ機で確認することができます。

スーパーやコンビニ、レストランなどで利用した履歴を残せるため、家計簿作りに役立ちます。

おすすめのキャッシュレス決済を使おう

ここまでキャッシュレス決済の専門家である私が、普及率、還元率、利便性を中心に様々な関連知識を紹介させていただきました。

特に楽天Edy、iD、nanaco、Suicaはそれぞれ特徴が特化されており、非常におすすめできるキャッシュレス決済です。どれを使うかで迷ったらこれらの中から自分に合ったものを選んでみてください。

  • 楽天Edy:プリペイド式 利便性・普及率No1
  • iD:デポジット式 利便性・普及率No1
  • nanaco:公共料金に使え、還元率が魅力
  • Suica:交通機関との相性・普及率が魅力

使い分けるメリット

個人的におすすめなのがキャッシュレス決済を2つ持つことです。2つ持つのが面倒くさいと思うかもしれませんが、公共料金・交通機関を支払う決済と、コンビニや外食、買い物などに使う普段使いの決済と使い分けることでお得に利用できて、お金の管理がしやすくなるメリットがあります。

例.
普段使いにプリペイド式の楽天Edy+公共料金に強いnanaco
普段使いにiD+交通機関に強いSuica

シンプルに一つにしたい

「何よりポイントをまとめるのが大事!管理も一つのが分かりやすい」と思う方も多いと思います。そんな方にオススメなのがiD楽天Edyでしょう。どちらも普及率が高く、ポイントも使いやすいので利便性に優れています。

申込みはとても簡単

キャッシュレス決済はクレジットカードと組み合わせることで、魅力を発揮できるので、ぜひ一緒に申し込みましょう。

今はスマホやパソコンから10分程度あれば簡単に申し込みができます。カードを申し込むときに必要なものは銀行の講座番号です。

ぜひ、自分に合ったキャッシュレス決済を見つけたら、「一度試してみようかな」ぐらいの気持ちで使ってみると良いでしょう。

以上、「2019年のおすすめキャッシュレス決済はこれ!電子マネー事情に詳しい専門家が、おすすめする決済サービスを紹介します」の記事でした。

タイトルとURLをコピーしました