キャッシュレス決済の種類・仕組みを初心者向けにやさしく解説します

キャッシュレス決済 種類 仕組み キャッシュレス全般

キャッシュレス決済を使い始めようと調べてみると、実に様々な種類のキャッシュレス決済が出てきます。

あまりにも多くのキャッシュレス決済があるので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。なんとなく名前だけで選ぶのも良いですが、種類によって支払い方法や使えるお店なども変わってきます。

本記事では、キャッシュレス決済の種類や人気のサービス、初心者におすすめをまとめました。

これからキャッシュレスを始めようと思っている方や、種類や違い、特徴を知っておきたい方の参考になればと思います。

キャッシュレス決済は大きく分けて3種類ある

キャッシュレス決済のなかには、

  • カード決済(クレジット・プリペイド・デビット)
  • コード決済(バーコード・QRコード)
  • 電子マネー(ICカード・おサイフケータイ)

と、大きく分けて3種類があります。

それぞれ特徴とともに解説していきます。

カード決済(クレジット・プリペイド・デビット)

クレジットカード

クレジットカードは、カード保有者が加盟店でカード払いを選択し、暗証番号の入力もしくは署名をすることでお支払いが完了します。

支払い後1ヶ月~2ヶ月後に登録している銀行口座から引き落とされます。

デビットカード

銀行口座と連動して、加盟店でのショッピング支払いに使えるカードです。

支払った瞬間に銀行口座から引き落としされます。

プリペイドカード

事前にプリペイドカードにチャージ(入金)することで、お支払いに使うことが出来ます。

プリペイドカードはクレジットカードのような入会審査がなく、デビットカードのように銀行口座の登録も必要ありません。

電子マネー(ICカード・おサイフケータイ)

電子マネー(ICカード・おサイフケータイ)

電子マネーは、ICカードやおサイフケータイを専用の機器にかざすだけでお支払いができます。

電子マネーの種類

Suica / PASMO / 楽天Edy / WAON / nanaco / iD / au WALLET / QUICPay

コード決済(バーコード・QRコード)

コード決済(バーコード・QRコード)

スマートフォンに専用のアプリを入れて使うことが出来ます。お支払い方法は以下の2通りがあります。

お店側にコードを読み取ってもらう

バーコード決済 QRコード決済

スマホアプリにバーコード・QRコードを表示させて、お店側の設備で読み取ってもらうことでお支払いができます。

コンビニやドラッグストア・スーパーなどはこちらが使われています。

お店側のQRコードを読み取る

QRコードを読み取る

お店に提示してある決済用のQRコードをスマホアプリのカメラで読み取り、金額を入力してお支払いができます。

バーコードを読み取る機器が必要ないので、小規模の店舗や屋台でも簡単に導入できるのが特徴です。

コード決済の種類

楽天ペイ / LINE Pay / PayPay / Origami / d払い

おすすめのキャッシュレス決済は電子マネー

今からキャッシュレス決済を始めるなら、楽天EdyやSuicaなどの電子マネーがおすすめです。

普及率が高く、クレジットカードよりも簡単に使うことができます。

また、クレジットカードをお支払い先にしておけば、クレジットカードのほうのポイントも貯めることが出来ます。

当サイトでは、まだキャッシュレス決済を使ったことない人でも、簡単に導入できるように解説しています。

【初心者向け】わかりやすいキャッシュレス決済の始め方!|読むだけで簡単に始められる!
キャッシュレスな生活をしているサイト管理人です。 私は現在ほとんど「お金」を持たずに...
タイトルとURLをコピーしました