7Pay(セブンペイ)とは?特徴やメリット、使えるお店・コンビニまとめ

7Pay(セブンペイ) QRコード決済(Pay)
7Pay(セブンペイ)は2019年7月からサービスが開始されるスマホ決済サービスです。この記事では現時点で公開されている情報を紹介しています。

最近ではスマホアプリでお支払いが出来るスマホ決済・コード決済が急速に広まっていますよね。

スマホだけでお支払いができるため、お財布を出し入れしたり、小銭を数えたりと手間がかかりません。

お金の管理もスマホをみたら分かるので、どれくらいお金を使っているのか把握するのも簡単です。

今回はセブンイレブンでもスマホ決済ができる出来る7Pay(セブンペイ)が、どのような決済サービスなのかを紹介していきます。

7Pay(セブンペイ)とは?

セブンペイとは、iPhoneやAndroidなどのスマホでお支払いができるスマホ決済・QRコード決済サービスです。

セブン・フィナンシャルサービスと株式会社セブン銀行が共同出資して設立した株式会社セブン・ペイが、2019年7月にサービス開始を予定しています。

つまりは、セブン & アイグループが作ったスマホ決済サービスですね。

スマホを使ってお支払い

セブンペイはスマホアプリに残高をチャージして支払うプリペイドタイプです。支払い方法は、「スマホに表示させたバーコードを店員さんに読み取ってもらい支払う」、「お店に設置されているQRコードをスマホカメラで読み取って金額を入力して支払う」と2通りあります。

どちらもスマホがあればお支払いできるサービスですね。

7Pay(セブンペイ)のメリット

全て無料で使うことが出来る!

セブンペイは完全無料で使うことができます。

導入時の費用や、決済手数料など一切費用がかかりません。

セブンイレブンで使える

現在セブンイレブンでは、バーコード決済やQRコード決済といったコード決済はセブンペイしか使うことができません。

セブンイレブンで使うことが出来る唯一のコード決済です。

ポイントが貯まる

セブンペイでお支払いをすると200円(税別)で1nanacoポイントが付与されるほかに、グループのマイルなども貯まるお得な仕組みになっています

さらに端末にセブンペイをチャージをする際にクレジットカードを利用するとチャージ分のポイントも貰うことができます。

利用時のポイント+チャージポイントでポイントの2重取りが可能になります。

当サイトでは、ポイントが貯まりやすく使いやすい楽天カードを推薦しています。

» 年会費無料!楽天カードを作る

セブンペイが使えるお店・加盟店

おそらくセブン&アイホールディングスの関連店舗で多くは使えるようになるでしょう。

セブンペイが使えるお店(予想)

コンビニ

セブンイレブン

スーパー

イトーヨーカドー、ヨークベニマル 、ヨークマート、天満屋ストア

飲食店

デニーズ

ショップ

赤ちゃん本舗、ロフト、Francfranc、タワーレコード

7Pay(セブンペイ)Q&A

nanacoモバイルと何が違う?

nanacoモバイルはおサイフケータイを使ったアプリでバーコード決済には未対応でした。

もちろんおサイフケータイがないiPhoneでは、nanacoモバイルを使うことが出来ません。(Apple Payにも未対応)

7Pay(セブンペイ)はどのスマホでもアプリをダウンロードすることで使うことが出来ます。

QUICPay(nanaco)と何が違う?

クイックペイ(nanaco)とは、nanacoカードにQUICPay機能を付けたサービスです。

7Pay(セブンペイ)はスマホで決済できるサービスなので、カードを使うクイックペイ(nanaco)とは違います。

タイトルとURLをコピーしました